YUI&NAOKOによる女子2人組ユニット。
DJ Fumiya(RIP SLYME)によるプロデュースやTOWA TEI が代表を務めるhug inc.とのエージェント契約を経て2014年より完全フリーとして活動。
2010年「guppy」「RINGO」「ソーダの夢」の3曲で配信デビュー。 2011年 TOWA TEI with BAKUBAKU DOKIN 名義で「UPLOAD」を配信。 現在に至るまでTOWA TEIやDJ Fumiyaを始め多数アーティストの作品に参加している。
また、カネボウ化粧品の潤(うるり)、日本クラフトフーズのストライドストライプなどのTVCMにも起用される。
WORLD HAPPINESS 2013、りんご音楽祭などフェスでのパフォーマンスと並行して基軸を「東京」に置きながら様々な活動を行っている。 また、楽曲制作を担当するYUIは個人活動として私立恵比寿中学に楽曲を提供するなど作家としての顔も併せ持つ。
毎月第四月曜にはblock.fmで「バクバクドキンのバクバクドキドキバクドキラジオ 」も史上最強に勝手に緩く放送中。
2014年、6月に満を持して1stアルバムを術ノ穴よりリリースした。現在、次回作を鋭利製作中である。
好きな寿司は「蝦蛄」「サラダ軍艦」
  • MC ユイ (バクバクドキン)
    ルクセンブルク出身。兄の影響で4歳からヒューマンビートボックスを始める。幼少の頃毎朝、自宅近くの市場で単独ライブを重ね、1998年最高値にてマグロを競り落としたとして注目される。2002年、拠点を日本に移し、高崎のドンキホーテでナオコと出会いバクバクドキンを結成。2004年にリリースした『野猿〜それから〜』がミリオンヒットし、数々のヒューマンビートボクサーと共演。同曲が自身が主任を勤める老舗の羊羹工場のCMに起用されるなど、東村山市を代表するアーティストとして活動中。
  • DJ ナオコ (野猿 / バクバクドキン)
    親の影響でドラムンベースミュージックに影響を受け、16歳で初代野猿を終息に向かわせたDJ界の重要人物。 高崎のドンキホーテでユイと出逢い、すぐに意気投合しバクバクドキンを東村山市で結成。日々老舗の羊羹工場で働きながらオリジナル曲を制作し、遂に今年6月21日 デブーアルバム『バクバクドキン』をリリース。 また、4年前にリリースしたバクバクドキンの先行シングル『野猿〜それから〜』はミリオンヒットを記録し、世界中の人々が同曲を"東村山音頭"と呼び未だ絶賛され続けている。現代の日本のカルチャーを担う東村山を代表するアーティストとして日夜活動中。